街頭防犯カメラを設置するメリット

街頭防犯カメラを設置するメリット

街頭防犯カメラの目的の一つは、犯罪が発生した場合に犯人逮捕に役立つ証拠になることでしょう。
街頭防犯カメラから連想される犯罪は強盗などが多いのです。
こういった事件を解決するのに大きな威力を発揮します。
これ以外に、不審者・不法投棄などの事件の証拠も記録します。
 
詐欺や悪徳セールスなど、自分の顔を記録されないように街頭防犯カメラが設置されている場所を避ける傾向にあります。
街頭防犯カメラは、証拠を記録して事件解決をスムーズにするだけではありません。
街頭防犯カメラがあるだけで犯罪を防ぐことができるのです。
 
犯罪者は逮捕されることを恐れます。
犯罪を起こしにくい状況を作り出して、外からの犯罪を防止する効果は期待できます。
それ以外にもマンションの住人がゴミを出すルールを守るようなキッカケになったりもします。
マナー向上にも役立つでしょう。
 
街頭防犯カメラが設置しているだけでいろいろな効果が発揮されます。
本当の監視カメラと区別がつかないように作られたダミーカメラを導入する選択肢もあります。
実際録画はしませんし電気代などのコストがかかりません。
設置も簡単ですし犯罪を抑止できる効果も期待できます。
 
録画は当然できません。余裕があれば一般的な防犯カメラのほうが効果があります。
このように街頭防犯カメラの抑止力はとても大きいです。
 
暗視カメラは個人のご家庭に普及しています。目的の大部分は防犯です。
不審者を記録する意外に、自宅に内部の様子を外出先に伝えるような監視カメラもあります。
子どもやペットなどを自宅に残して外出するようなことになっても不安ですが、これも解決します。
 
街頭防犯カメラも夜でも撮影できるように暗視カメラを導入するほうがいいでしょう。
しかし、それは予算との相談になります。
暗視カメラでなくても、少しの光源があれば撮影できるカメラもあります。
街頭でも光があるならば、そういったタイプのカメラで対応できます。
 
街頭防犯カメラは画角の調整も自由にできます。ですが、触ることも最初の1週間程度でしょう。
1か月も経てば調整しなくなるのが実情です。
定点カメラとしての街頭防犯カメラの場合は、定期的に業者が検査に来る時に拡張できるので検討しましょう。
 
街頭防犯カメラは電子的な精密機械です。どうしても壊れることもあります。
それはカメラそのものの性能ではなくて、外的な要因で壊れることもあります。
例えば、落雷です。
最近はゲリラ豪雨など天候が不安定です。
落雷があれば、急に電圧が変わってしまって電子回路が劣化することもあります。
 
ダミーカメラは安いので希望するケースもあります。
抑止効果はほとんど同じですし、導入費用がやすいメリットがあります。
しかし、実際の事件が起きた場合に「ちゃんとした街頭防犯カメラを設置しておけばよかった」という声が多いのは確かです。




 

熊本 探偵